新築分譲マンション・一戸建てのタミー・コーポレーション

株式会社タミー・コーポレーション
  • タミー・コーポレーション トップページ
  • タミー・コーポレーション サイトマップ
  • 企業情報
  • Tamy's Square
  • 不動産アセットメント事業
タミーズスクエア

トップ > Tamy's Square > Happy Life > Vol.13

Happy Life
Vol.13 「ランズ三田」Mさん邸
一戸建てからマンションへの住み替え? でも結果は、大満足!お友達もいっぱいできました
結婚以来使っていたお気に入りのインテリアたちも、一緒に引っ越してきました

「大きな一戸建て」より「便利なマンション」

6年前のご結婚と同時に建築した、注文住宅をあっさりと売却して、「ランズ三田」に引っ越して来られたM様ご一家。通常とは逆の流れのように思われますが、「わが家にとっては大正解です」。

前のお住まいは、福知山市の駅からちょっと離れた立地。「一度、家というものを建ててみたかった」と、土地から購入してあれこれこだわって注文建築なさったお家です。広さもたっぷり取りました。でも広ければ広いなりに、使わない部屋も多くて掃除が大変。結婚後すぐにできた、ひなたくんの育児にも不便で、「1階のキッチンでお料理しているときに2階に行かれて目が離せなくて困ったり」。ちょっとお風呂に入れるだけでも1階と2階を行ったり来たりの大騒動。「もったいないけど、不満がいっぱいだったんです」。

ご主人のお仕事の場が大阪市内にも広がったのをきっかけに、アクセスが便利な三田への引っ越しを考え始めました。そんなときに目についたのが「ランズ三田」。モデルルームを見ると、立地はもちろんデザインや外観もお好みにぴったり。「他のマンションは全然見ないで決めてしまいました(笑)」。

「駅に近いし、お店はたくさんあるし」。近所の百貨店へ、また徒歩4分のJR駅から電車で、ふらっとお出かけすることも多くなりました。アウトレットや大型ショッピングモールへは車で、と目的地に合わせて交通手段を使い分けできるのも便利です。「神戸にも車で、気軽に行けますよ」。

ひなたくんは、最近ダンスを習い始めました。近くの郷の音(さとのね)ホールで開かれている教室は、公共施設だけに月謝などがリーズナブル。ここでもお友達がいっぱいできました。いまは、ブリトニーの曲に合わせて踊るダンスを練習中。幼稚園や小学校も身近に揃っています。

外で並んで便利でありながらのんびりした環境に立地。「とても気に入っています」 空手2年間習った空手は黄帯まで行きました。「えいっ」とポーズを決めてくれたひなたくん。カッコイイね!

外断熱で冬も夏も快適。ハイサッシから差し込む太陽の光で、昼はリビングの照明いらず

引っ越して来られたのは雪も舞う2月下旬のことでしたが、「室内が暖かい」のに驚いたとか。このマンションは、外断熱工法を採用しています。「夜、エアコンと床暖房をつけると、翌朝から昼間は何もつけなくてもポカポカ」。南面の窓が広いため、太陽の熱が室内に差し込んで、「温かくて、しかも明るいんです」。取材日はもう初夏の陽気でしたが「暑い日もエアコンは除湿機能をちょっと使うくらい。今のところ、冷房はかけていません」。玄関を開けると風通しも抜群。「やっぱりマンションは快適です」。

お風呂もキッチンも、すべてがワンフロアに。「育児も本当に楽になりました」。マンション内にも、お部屋を行き来して遊ぶお友達がたくさんできました。一緒の幼稚園に通うお子さんも多いし、同学年のお友達とは、小学校へも一緒に通えます。「安心だし、毎日楽しいし」。嬉しそうに話す奥様を見つめて、ニコニコ微笑むご主人。「ほんとうに暮らしやすいですよ」と口を揃えて言ってくださいました。

お子さんがたくさん住んでいらっしゃるマンションにもかかわらず、館内も室内も非常に静か。「壁が厚いとは聞いていましたが、まさかこれほど静かだとは」。ここなら、男の子の育児ものびのび楽しめそうですね。一戸建てに比べて小さくなったとはいえ、広めの3LDK。「まだ一部屋あいているので、もう一人くらい、子供ができたらいいな」。今度は女の子がほしいです、と小さな声で付け加えてくださったM様。今度お会いするときは4人家族でしょうか。いつまでも仲良くお幸せに!

室内室内の色調は4パターンからセレクト。「好きなタイプがあったのですんなり決まりました」。室内ファンは、新婚時代からのお気に入りインテリアのひとつです。前のお家では吹き抜けに付けていたものですが、天井の高いこのお部屋にもよく似合います
バルコニーにたたずむパパ男同士の会話は、三田を見つめながら。   壁の小窓和室を洋室に変更して、壁にはオプションで小窓を配してひなたくんのマイルームに。独立した部屋でありながら、お互いの気配が感じられるように、とのアイデアです キッチンのママ開放感のあるキッチン。家族とのコミュニケーションも楽しみながらお料理できます。「パパ、今日は何が食べたい?」 エントランスホールマンションのエントランスホールはシックな色調。「ここにソファーがあれば完璧ね、とご近所さんとよく話しているんですよ(笑)」。 室内休日は公園めぐりを楽しむ仲良しファミリーです

『ランズ三田』
平成20年1月に竣工。 シックなダークブラウンの外観に、バルコニーにはガラスを利用し、色目のコントラストがスッキリとした印象のランズ三田。
52家族が住まう、ニュータウンでありながら駅近立地が魅力のマンションです。

ランズ三田外観
エントランスホール エントランス
 

ページトップへ